顔の粉瘤とニキビ

顔の粉瘤とニキビが似ている件

白ニキビ…?からの赤ニキビ!そして大きくなる不思議( ;∀;)

 

結構何年も昔の話になるのですが…

 

ある時、顔に白ニキビのようなものができたんです。

 

触ると、どうもかたいかんじで中にコロコロと動くような何かの存在をかんじる。

 

大人ニキビ,粉瘤,ふんりゅう,顔

 

そしてその真ん中には黒い点のようなものがありました。

 

白ニキビなら放っておけばそのうち治るはずです。

 

が、本当に何カ月経っても治らない。

 

これは中身の芯を自分で出してしまおうと思い、先をライターで炙った針でニキビの真ん中に穴をあけて押しだしてみました。

 

これが白ニキビであれば結構簡単に芯が出てきたりします。

 

が、芯というよりはニュルニュルとした何かが出てきました。

 

それでもこれで放っておけば改善するだろうと思っていました。

 

ところが、赤くなる!腫れる!

 

という悲惨な状態になったんです。

 

それでもしばらくすればおさまるだろうと考えていました。
(白ニキビの芯を出したあとに少しの間赤く腫れることがある。けどすぐに治まる)

 

が、完全に赤みがひいたあとも肌の中にコロコロとした何かがある状態のままで、針でついた時になくなったはずの黒い点が復活していました。

 

これは何か違う…

 

と思い、ネット検索をして調べいきついたのがアテローム・粉瘤(ふんりゅう)でした。

 

粉瘤というのは…

粉瘤
新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が、皮膚内部にとどまることによってできる良性の嚢胞性病変の総称。

 

この粉瘤…

 

問題は放置では改善しないということ。

 

肌の中に袋状のものができ、そこに垢がたまりどんどん大きくなるのが特徴。

 

つまり、この袋状のものを取り出さない限り治らないのです。

 

針を刺したくらいの小さな穴から袋が出るということはないんですよね。

 

袋の中身は針で刺せば簡単に外にだすことができるけども、袋を出さないと永遠にこのループから抜け出すことはできないんです。

 

ネット検索でたこの吸出し軟膏が効果があると知って塗ってみたりもしましたが、フジ子の肌には効果がありませんでした。
(粉瘤が小さすぎて駄目だったのかも)

 

さて…2

 

この袋を取り出す一般的な方法は、病院に行くことです。
(当然に)
大人ニキビ,粉瘤,ふんりゅう,顔

 

フジ子、結局、形成外科に行きました。

 

1回目は手術はしてもらえず、2回目の診察の時にやっと中身を出してもらう手術を受けることができたんです。

 

無事治りました。

 

本当にスッキリ!

 

本当にやれやれというか面倒なやつ…

 

と思っていたところ、悲劇が!

 

まだそれほど経っていないというのにまた新しく粉瘤ができてしまったんです。

 

フジ子、また病院に行くのは嫌やだったので自分で治せないかと考えました。

 

そこでやってみた方法が大成功で自分で粉瘤を治すことに成功しました。

 

その方法というのが…

 

針ではなく、消毒したカッターで患部に切れ目を入れます。

 

そしてすぐに患部を消毒、ステロイドを塗って触らず放置。

 

一時的に腫れますが、数日後に押し出すと中身が簡単に出ました。

 

その後、何度か粉瘤ができ、そのたびにこの方法で対策し改善に成功しました。

 

全くもっておすすめとは言いがたい方法なのですが、フジ子の経験として参考にしていただければと思い書かせていただきました。
(おそらく数mmの小さな粉瘤だったためできた事だと思います)

 

何というか、粉瘤は1度できると繰り返したりすることもあるそうです。

 

一時的によくできた粉瘤ですが、現在では全くできません。

 

いったい何だったのでしょう…

 

血管腫やら粉瘤やら…いろいろニキビに似た症状があるものですね。。
(そしてもれなく経験してるし)

 

地獄のニキビ肌を体験したフジ子の体験談もよろしければ参考にして下さいまし。
(詳しくは、トップページニキビ改善までの経過を読んでいただければと)